• 美容系情報を中心に集めてお届け!

ダイエットがうまくいかないのは正しく理解していないからかも

生理前や生理中のダイエットは、一般的に痩せにくいといわれているのも事実です。そのため、「生理前や生理中だから、いま痩せにくいんだ」と信じ込んでしまう人も多いのですが、これが生理中にダイエットできない、あるいは太ってしまう原因になります。
出典:https://www.men-joy.jp/archives/365171

 

減量期間中、丸1日だけ摂取カロリーを増量して、飢餓状態を防ごうとする身体を騙して満足させます。ダイエット中のストレスを軽減するための「ヤケ食い日」と勘違いしているメンズも多いですが、その意味とは全く異なると理解しておきましょう。
出典:https://smartlog.jp/66370

 

筋トレは鍛えた直後から代謝があがり、その効果は約48時間続くという研究結果もあるようです。これを「アフターバーン」と言い、結果的に有酸素運動よりもカロリーを消費している場合もあります。
出典:https://www.ielove.co.jp/column/contents/02460/

 

体内に余分なものを溜め込むクセを治そう

レモンデトックスは、クレンズジュースに似たダイエット法です。レモンを絞った水を1日1.5ℓを目安に飲むだけで、体に溜まった毒素を排出してくれるそうです。
出典:https://dews365.com/newpost/167268.html

 

肥満遺伝子を持っている人は、脂肪細胞にあるアドレナリンのレセプター(受容体)に異常があるためいくらアドレナリンが「脂肪を燃やせ」と指示を出しても反応しない。そのため、作った脂肪は使わずに溜めこんでしまいます。ところが脂肪細胞は自分自身の体の2.5倍までしか脂肪を溜め込むことができず、それを越えると細胞の数を増やして対応するため、結果的に太ってしまいます。
出典:https://maquia-hb.com/blog/334

 

カレーは、市販のルーには小麦粉がたっぷり含まれているので、トマト缶とヨーグルト、鶏肉などを使って、カレー粉で手作りするのがおすすめ。なかなかやめられないビールも、ダイエット中は、グルテンフリーのタイプを選んでみましょう。
出典:https://asajikan.jp/article/160273

 

筋肉が付いていない状態で有酸素運動してもなかなか脂肪は燃えない

ロードバイクは股関節を大きく動かすため、お尻まわりをはじめとする大きな筋肉を使用する。そして、乗車の際はバランスをとる必要があるため、お腹などの体幹部を引き締めるのにも効果がある。
出典:https://www.roadbk.com/Lets_Run/Diet.html

 

立ち仕事は、電車の中で立っている状態と同じくらいの活動量と言われていて、たとえば1日に3時間、週に5日立って仕事すると、1年でマラソンを10回走るのと同じくらいのカロリーを消費すると言われています。具体的には、「立っているときの消費カロリー=体重×2×立っている時間」で計算できます。
出典:https://www.life-rhythm.net/diet-standing-work/

 

筋肉量が少ない状態で有酸素運動を行っても、体の脂肪はなかなか燃えません。体の筋肉量を増やすことで基礎代謝をアップさせて、脂肪燃焼しやすい体をつくることができます。つまり、筋トレ→有酸素運動の順番で行うことで脂肪燃焼率がアップするというわけなんです
出典:https://www.cosme.net/diet/article/I0004371

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です